Spincoaster

TOPICS

フェスアプリを簡単に導入できるフェスアプリパッケージを開発。WILD BUNCH FEST. 2019への導入が決定。

サムネイル


2019年3月26日(火)に音楽フェス向けアプリを簡単に導入できるサービス「FESPLI」を公開した。フェスに必要な機能を揃えた公式フェスアプリ(iOS・Android)を低コストでリリースすることができる。タイムテーブルなどコンテンツの入れ替えが主催者自身でおこなえるWeb管理画面を含めたパッケージとして販売する。

パッケージ化することによってアプリ開発のコスト、アプリ運営のコストを大幅に削減。アプリを通してフェスとオーディエンスのコミュニケーションをサポートしていく。
パッケージの導入は「WILD BUNCH FEST. 2019」やその他複数のイベントを予定している。

iOS・Androidアプリにはそれぞれ以下の機能が含まれている。
・タイムテーブル
・Myタイムテーブル
・アーティスト情報、視聴
・飲食店情報
・オフィシャルグッズ情報
・会場マップ
・ニュース
・インフォメーション
・プッシュ通知
・オフライン利用

※画像は開発中のイメージです。

また、今後はリストバンドと連携したチケット管理機能や、フェス会場にいるユーザ同士のコミュニケーションを活性化する機能を開発していく予定だ。

導入の流れ

1. 仕様・スケージュール決め
開催日までのスケジュールを考慮し、開発する機能や、色やアイコンや画像などのデザインを、打ち合わせをふまえて決定します。

2. デザイン、開発
アプリにデザインを反映し、追加機能の実装をします。

3. 管理画面からコンテンツを登録
アプリに表示するアーティスト、タイムテーブル、飲食店、地図を管理画面から登録し、アプリで実際に動作を確認します。

4. アプリをストアに申請
開発したアプリをApp Store / Google Playへ申請・公開をします。

5. 当日の利用
来場者にアプリをダウンロードしてもらい快適にフェスを楽しんでもらいます。

サービスWEBサイト
https://fespli.com/